活動ブログACTIVITY BLOG

【学校給食を再開します】

2020/05/12

【学校給食を再開します】

5/2に報告した「児童生徒の心と食のケア」の件ですが、結論から先に言うと、18日からの分散登校に合わせて個別に包装した簡易給食を提供してもらうことになりました。

それと同時期に別府市では、失職や収入減などで生活が困窮した家庭の子を対象にした「子どもエール弁当」を100円で販売し、タクシーが配達する事業を18日から開始すると発表。

それぞれ形は違いますが、子供たちの食のケアに取り組んでくれることは素晴らしく、感謝致します。

大分市については5/1に数名の議員とともに教育長に学校給食の提供について直談判してきましたが、いまできることを最大限取り組んでいただいたのだろうと感謝致します。

また、心のケアについても児童生徒一人ひとりに、担任等からの電話かけ、訪問を了承してくれる家庭へは必要に応じて訪問するなどの対応をしていただくよう要望し、これについては即時快諾していただきました。

できることなら、もっと早い段階で、教育現場からこうした動きが見られていたら、心強く安心できたのになぁと言う思いはありますが、その点も教育長にお伝えさせていただきました。

これまでのことはこれまでのこと。
改善点は改善し、その時できることを実行して前に進んでいく。

「モノがないのか?カネがないのか?ヤル気がないのか?」

と厳しく迫りましたが、給食の再開、個別包装という素晴らしい対応もしてくれたことに感謝致します。

言ってもムダだろうと諦めず、行動すればこうやって応えてくれる大人がいるということも、子供たちに伝えていきたい大切なことの一つです。

◉やってみなければわからない。
現状維持では、後退するばかりだ。
by ウォルト・ディズニー

学校給食

大分市議会議員 倉掛まさひろ

大分市芳河原台6-1
PAGE TOP